上品なオフィスネイルで印象アップ

上品なオフィスネイルで印象アップ

綺麗に整えられたネイルは身だしなみの一部です。そんな女性にとって気になるのが、オフィスでのネイルのマナー。職場によっては、ネイルに厳しいケースもあり、どんなネイルが相応しいのかお悩みの方も多いはずです。今回は、上品で周囲からのウケもいい、オフィスネイルのマナーやコツをご紹介します。

 

職場で許されるネイル、どこからどこまで?

ネイルが完全禁止の職場を除いて、オフィス用のネイルをしている女性は多いです。とはいえ、ネイルについて明確な規定がある会社は、それほど多くありません。規定がないからこそ、オフィス用のネイルの選び方には困ってしまいます。

 

オフィスネイルで許されるのは、上品で清潔感のあるネイルです。色はクリアカラーか、ベージュなどのヌーディーカラーが基本です。ネイルアートはできるだけ避け、シンプルなフレンチか、ポイントだけのアートに留めましょう。できるだけ自爪に見える程度のナチュラル感がオフィスネイルの正解です。

 

気を付けたいのが、せっかくベーシックなネイルをしているのに、ネイルが剥がれて汚く見えてしまう点です。オフィスネイルは清潔感が重要です。ジェルが浮いていたり、マニキュアが剥げていたりすると、かえって不潔でだらしない印象を与えます。オフィスでネイルをするなら、常に指先まできちんと手入れをして、美しい状態に整えておきましょう。
ネイルを美しく整えるならpark by merry 心斎橋店

 

オフィスネイルは長さや形も重要!

オフィスネイルは、悪目立ちしすぎないのが基本です。また、ネイルが業務の邪魔になってしまっては本末転倒です。パソコンのキーボードを打つ際や書類整理の際に邪魔にならないように、爪の長さは短めに整えましょう。ネイルが邪魔でキーボードのうち間違いがあったり、お客様を爪で傷付けたりしてしまったら大変です。

 

そして、爪の形にも注意が必要です。スクエアネイルは知的な印象で人気のネイルデザインですが、実際はオフィスのネイルとしては不向きの形です。ラウンドやオーバルなど、自然な丸みのある形にするのがおすすめです。

 

オフィスネイルのコツは「上品さ」

休日に自分の趣味でするネイルはどれだけカラフルにしてもいいのですが、オフィスネイルはでるだけ色味を抑え、ナチュラルさを重視したデザインにしましょう。上品な印象に見えるネイルを選ぶのが、オフィスネイルのコツです。少し地味かもしれないというくらいがちょうどいいかもしれません。

 

意外とウケがいいクリアネイル

オフィスネイルは、ツヤツヤのクリアネイルも意外と上司や男性ウケがよくおすすめです。ネイルアートをしていなくても、綺麗に甘皮処理して形を整えた爪にクリアネイルをするだけで、指先の印象はぐっと清潔感を増します。ネイル禁止の職場でも、丁寧に整えた爪なら、色味がなくても上品な爪を主張できます。

 

ネイルケアだけでなくハンドケアにも気を使おう

きれいでおしゃれないネイルですが、毎日ネイルをしていると、いつの間にか爪は痛んできてしまいます。綺麗な爪を守るためには、こまめなネイルケアが欠かせません。特に、オフィスは空調で乾燥していたり、キーボードを打つなどで爪に刺激が当たりやすい場所です。乾燥と刺激から爪を守るため、ネイルオイルなどを使ってこまめに爪を保湿しましょう。

 

また、ネイルを綺麗に見せるためには、美しい手も重要です。ネイルケアと合わせてハンドケアも欠かさないようにしましょう。オフィスでわざわざネイルオイルを使うのは難しという方は、日中のケアをハンドクリームで代用することもできますので、ハンドケアとネイルケアを同時にしてしまうのがおすすめです。

 

オフィスネイルは、シンプルな分、自爪の美しさが大きく影響します。毎日のケアを欠かさず、上品なオフィスネイルをキープしましょう!